スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Gutai: Splendid Playground /グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)・他
☆2013年2月15日~5月8日までニューヨーク・グッゲンハイム美術館「Gutai: Splendid Playground 」開催。
小野田實も6点出品します。

ONODA Minoru, Work 66-14, 1966
ONODA Minoru, Work 66-14, 1966.
Synthetic paint on wood panel, 94 × 94 × 8 cm.
Collection of Caroline de Westenholz.
© Onoda Isa, courtesy Caroline de Westenholz,
photo by Dave Morgan

グッゲンハイム美術館のホームページはコチラ

企画:グッゲンハイム美術館 主任学芸員/アレクサンドラ・モンロー
   カールトン大学准教授、グッゲンハイム美術館「具体」展共同キュレイター/ミン・ティアンポ

Solomon R. Guggenheim Museum
1071 Fifth Avenue
(at 89th Street)
New York, NY 10128-0173

February–May 2013
In February 2013, the Guggenheim Museum will open the first U.S. museum retrospective exhibition ever devoted to Gutai, the most influential artists collective and artistic movement in postwar Japan and among the most important international avant-garde movements of the 1950s and ‘60s. The exhibition aims to demonstrate Gutai’s extraordinary range of bold and innovative creativity; to examine its aesthetic strategies in the cultural, social and political context of postwar Japan and the West; and to further establish Gutai in an expanded, transnational history and critical discourse of modern art.

Organized thematically and chronologically to explore Gutai’s unique approach to materials, process and performativity, Gutai: Splendid Playground explores the group’s radical experimentation across a range of media and styles, and demonstrates how individual artists pushed the limits of what art could be or mean in a post-atomic age. The range includes painting (gestural abstraction and post-constructivist abstraction), conceptual art, experimental performance and film, indoor and outdoor installation art, sound art, mail art, interactive or “playful” art, light art and kinetic art. The Guggenheim show comprises some 120 objects by 25 artists on loan from major museum and private collections in Japan, the U.S. and Europe, and features both iconic Gutai and lesser-known works to present a rich survey reflecting new scholarship, especially on so-called “late Gutai” works dating from 1965-1972. Gutai: Splendid Playground is organized by Ming Tiampo, Associate Professor of Art History at Carleton University and Alexandra Munroe, Senior Curator, Asian Art, at Guggenheim Museum.


「GUTAI×INTERNATIONAL 具体、海を渡る。」 展
/芦屋市立美術博物館

第1展示室、第2展示室、ホール
☆2014年7月5日-9月7日まで小野田實の作品を展示しております。
 ぜひご覧ください。
☆料金/一般300円、大高生200円、中学生以下無料
☆午前10時~午後5時

辺見庸 新詩集「眼の海」の装画
☆小野田實の作品が2011年12月1日発売の辺見庸さんの「眼の海」-毎日新聞社-の装画として使用されます。
書店などお立ち寄りの際はぜひご覧ください。
http://onodart.blog94.fc2.com/blog-entry-32.html

「2012年度 コレクション展Ⅲ・こんな人がいた!兵庫美術家列伝」
/兵庫県立美術館(展示室1~3)

☆2012年11月17日~2013年2月24日まで小野田實の作品WORK68-Wa・b(組作品)を展示しております。
 ぜひご覧ください。
☆料金/一般500円・大学生400円・高校生、65歳以上250円
☆月曜日休館。午前10時~午後6時
 特別展開催中の金・土曜日は夜間開館(午後8時まで)

コレクション展Ⅲ・こんな人がいた!兵庫美術家列伝
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/j_1211/config.html#config01



「The Collection 具体躍進」展
/芦屋市立美術博物館

☆2013年1月5日~2013年2月17日まで小野田實の作品を展示しております。
 ぜひご覧ください。
☆料金/一般300円、大高生200円、中学生以下無料
☆午前10時~午後5時

芦屋市立美術博物館のホームページ
http://ashiya-museum.jp/


「2012年度 日本・海外の近代美術コレクション」
/宮城県美術館(展示室1)

☆2012年10月2日~2012年12月24日まで小野田實の作品4点を展示しております。
 ぜひご覧ください。
☆料金/一般300円・大学生150円・小中高無料
☆午前9時半~午後5時

「2012年度 日本・海外の近代美術コレクション」
http://www.pref.miyagi.jp/bijyutu/mmoa/ja/frame/exhibition/00000000-p00.html


「こんな素材でアート作品」/姫路市立美術館(コレクションギャラリー)
☆2015年6月30日~8月9日まで小野田實の作品を展示しております。ぜひご覧ください。
☆姫路市立美術館のデジタルミュージアムの壁紙ダウンロードコーナーから
小野田實の作品画像「WORK66-R11」がダウンロードできます。
http://www.city.himeji.lg.jp/art/

スポンサーサイト
【2007/03/04 14:04】 | 最新情報-Topics | page top↑
国立新美術館開館5周年  国立新美術館の企画展のお知らせ
写真提供:国立新美術館
写真提供:国立新美術館
Courtesy of the National Art Center, Tokyo


「具体」-ニッポンの前衛 18年の軌跡展(GUTAI: The Spirit of an Era)/国立新美術館(東京・六本木)
☆2012年7月4日(水)~9月10日(月)の国立新美術館で小野田實の作品が展示されます。
「具体」-ニッポンの前衛 18年の軌跡展(GUTAI: The Spirit of an Era)/国立新美術館(東京・六本木)
http://onodart.blog94.fc2.com/blog-entry-33.html


国立新美術館の企画展のお知らせ

gutai20120602.jpg

2012年7月4日(水)~9月10日(月)に
国立新美術館(東京・六本木)の国立新美術館開館5周年
「具体」-ニッポンの前衛 18年の軌跡展(GUTAI: The Spirit of an Era)にて
小野田實の作品が展示されます。

「具体-GUTAI」は1954年に戦前から前衛美術家として活動していた吉原治良が若い美術家たちと関西で結成したグループです。
フランスの美術評論家のミシェル・タピエの眼に留まり、欧米で高く評価されました。
「具体-GUTAI」は1972年に吉原治良の死により解散しましたが「具体」の活動は、1980年代後半、欧米で再び注目を集め、以後今日までイタリア、ドイツ、フランス、スイスなどのヨーロッパの主要美術館での回顧展が開催されてきました。
しかし、日本国内ではその活動や作品が充分に検証される機会が、これまでほとんどありませんでした。

今回の企画展は、東京で待望の「具体」回顧展となるだけでなく、国立新美術館の2,000㎡の巨大な企画展示室を使用するこれまでで最大規模の「具体」回顧展となります。

国立新美術館
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
会期2012(平成24)年7月4日(水)~ 9月10日(月)
毎週火曜日休館開館時間 10:00 ~ 18:00(金曜は10:00 ~ 20:00)
※入場は閉館の30分前まで。
会場 国立新美術館 企画展示室1E


展覧会概要

具体美術協会(「具体」)は、1954年、関西の抽象美術の先駆者・吉原治良をリーダーに、阪神地域在住の若い美術家たちで結成された前衛美術グループです(1972年解散)。グループ名は、「われわれの精神が自由であるという証を具体的に提示したい」という思いをあらわしています。
「具体」は、「これまでになかったものを作れ」という吉原の厳しい指示と、公園や舞台、空中を使う展覧会など吉原が繰り出す企画に刺激され、奇想天外な発想でユニークな作品を次々と生み出しました。それらは当時、国内ではほとんど注目されませんでしたが、海外で高い評価を受け、"GUTAI"の名は1950年代後半から欧米の美術界で広く知られるようになりました。
解散後も、ヨーロッパの美術館では「具体」の回顧展が何度も企画されています。しかし、日本では、1980年代になって再評価が進み、関西を中心に回顧展が開かれてきたものの、残念ながら東京ではこれまで、その18年間の活動の全容を振り返る場は一度もありませんでした。本展は、その初めての機会となります。
「具体」が駆け抜けた1950―60年代は、日本が敗戦から立ち直り、右肩上がりの経済成長により奇跡的な復興を遂げた時代でもありました。本展では、そんな時代を象徴するかのようなチャレンジ精神、創造的なエネルギーあふれる作品、約150点(予定)を一堂にご紹介します。

展覧会の見どころ

1.時代が生んだ創造的エネルギーとチャレンジ精神 「具体」が結成された1954(昭和29)年は、戦後復興の起爆剤となったいわゆる「神武景気」が起こった年です。そして、1972(昭和47)年の解散後にはそれまで右肩上がりだった経済成長にストップがかかる「オイルショック」がありました。「具体」が活動した18年間は、日本の高度経済成長期とぴったり重なります。「具体」の作品が発散する創造的なエネルギー、未知の美を追求するチャレンジ精神、美術を通じて世界の人々と通じ合えるという理想主義的な考え方、そして世界を驚嘆させた独創性は、今日の私たちの心に、明るさや勇気、活力を呼び覚ましてくれるでしょう。 2.東京では初の大規模な回顧展 「具体」の活動を回顧する展覧会は、これまで関西を中心に美術館で何度か開催されてきましたが、東京の美術館では1990(平成2)年に渋谷区立松濤美術館で「具体」の一時期の活動に焦点を当てた展覧会が開催されて以来、一度もありません。今回の「具体」展は、近年欧米で再評価の機運が高まっているものの、東京ではなかなか実作を見る機会がなかった「具体」の、大規模なものとしては初となる待望の「具体」回顧展です。本展は東京のみの開催です。 3.「具体」とは何だったのかを検証 今回の回顧展では、「具体」の結成から解散までの18年間を対象とし、会員として活動した作家の「具体」当時の作品をできる限り網羅的に紹介して、「具体」の全体像からその本質に迫ります。日本を代表する前衛美術グループ「具体」とはどのようなグループであったのか、彼らの活動の意義はどこにあるのか、いかなる歴史的、時代的、文化的背景から生まれてきたのか。今回の展覧会は、「具体」に関するさまざまな疑問に答えるものです。 4.約半世紀ぶりの里帰り作品、初公開の貴重な映像を紹介 「具体」の作品は、当時日本ではほとんど売れなかったため、優れた作品が海外に流出していきました。それらのうちのある部分は、1980年代以降に買い戻され、日本の美術館のコレクションとなっていますが、いまもなお多くの作品が欧米の美術館やコレクターの所蔵になっています。今回の「具体」展では、そうした作品の約半世紀ぶりの里帰りも実現させる予定です。また、近年発見された1955(昭和30)年の東京、小原会館での記念すべき第1回具体美術展を収めた幻の映像(当時のニュース映画)も公開します。

関連イべント/シンポジウム

「『具体』再評価の過去と現在」 7月14日(土)13:00~17:00(開場12:30)
河崎晃一氏(インディペンデント・キュレイター)、ミン・ティアンポ氏(カールトン大学准教授、グッゲンハイム美術館「具体」展共同キュレイター)、マテイヤス・フィッサー氏(ゼロ・ファンデーション創立ディレクター)、萬木康博氏(美術評論家)、平井章一(国立新美術館主任研究員/本展担当者)
※ 1972年の解散後、「具体」の再評価が国内外でどのように展開してきたかや、いま評価の視点がどこに置かれているかを、「具体」関連展の企画担当者の講演とディスカッションで検証します。(通訳付)
座談会

「“3M”から見た『具体』」 8月4日(土)14:00~15:30(開場13:30)
前川強氏、松谷武判氏、向井修二氏(いずれも元「具体」会員)
※ 1960年代前半に相次いで「具体」会員となり、名前のイニシャルから“3M”と称された前川強氏、松谷武判氏、向井修二氏に、「具体」当時のエピソードやそれぞれの「具体」観を語っていただきます。
いずれも会場は国立新美術館3階講堂 定員:260名(先着順)聴講無料ですが、本展観覧券(半券可)の提示が必要です。
*各イベントの日時や内容は変更さとなる場合があります。

【2007/03/04 13:50】 | 最新情報-Topics | page top↑
辺見庸 「眼の海」装画
2012年1月12日更新

第42回高見順賞(高見順文学振興会主催)は9日、芥川賞作家の辺見庸さんの詩集「眼の海」(毎日新聞社)に決まった。
芥川賞を受賞した後、高見賞を受賞するのは辺見さんが初めて。(2012年1月9日)
☆「眼の海」重版決定しました!
☆第30回現代詩人賞候補詩集

1月16日に辺見庸さんの「瓦礫の中から言葉を―わたしの<死者>へ」 (NHK出版新書 363)が発売されます。
NHK「こころの時代 瓦礫の中から言葉を」(2011年4月24日放送)における発言を手がかりに、全面的に書き下ろした一冊。
詩集『眼の海』(毎日新聞刊)執筆の背景もここに明かされる。

また1月13日発売の「週刊金曜日」「週刊読書人」でも詩集『眼の海』をめぐる辺見庸さんのロングインタビューが掲載されます。

2011年11月17日更新

眼の海


小野田實の作品が2011年12月1日発売の辺見庸さんの「眼の海」-毎日新聞社-の装画として使用されます。
書店などお立ち寄りの際はぜひご覧ください。


あの大いなる日にはじまった
海・死・宇宙をつなぐ、目くるめく原光景の巡覧!
驚倒の書き下ろし詩篇「フィズィマリウラ」を併録。  

……伝えられた風景はすべて偽造。これが地獄めぐりの美しき真景である。
稀代の詩的確信犯による言葉の繚乱と官能的狼藉……

・書き下ろし詩篇「フィズィマリウラ」をふくむ全51篇
・装丁-名久井直子
・装画-小野田實
・2011年11月下旬発売 ISBN978-4-620-32073-1 C0095・定価1700円(税別)

辺見庸 へんみ-よう
1944- 昭和後期-平成時代のジャーナリスト,作家。
昭和19年9月27日生まれ。共同通信社にはいる。北京特派員,ハノイ支局長,編集委員などをつとめ,平成8年退社。
その間の昭和53年中国報道で日本新聞協会賞,平成3年「自動起床装置」で芥川賞,6年「もの食う人びと」で講談社ノンフィクション賞。23年初詩集「生首」で中原中也賞。宮城県出身。


【2007/03/04 13:33】 | 最新情報-Topics | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。