「グタイと私」  小野田實
特別展「吉原治良と具体のその後」
1979年1月5日~28日
兵庫県立近代美術館


吉原治良と具体のその後1979年兵庫県立近代美術館


「グタイと私」   小野田實

具体との最初の出会いは、大阪の産経会館での「舞台を使用する具体美術」を見たことだった。当時、大阪市立美術研究所へ姫路から通っていた修業時代の20歳になって間もない時である。中学時代に画家を志し、ゴッホの伝記や手紙に最も大きな影響を受けて出発し、まだ徹底的にアカデミックな勉強をしていた時期で、今から思えば産経会館へ足を運べたのが不思議なくらいである。次々と展開される作品に好奇心と興味のかたまりで、「オモロイことやるなあ・・・・」と眼をこらして見ているうちに、元永定正氏の煙の作品でいぶし出され、やたらに長いプログラムを手に姫路へ帰ったことを今も生々しく思い出される。その時には、自分のやっている勉強や環境とはあまり異なりすぎて作品の上に直接つながらず、翌年団体展に身を置くことになったのですが、まもなく具象を捨て、新しい考え方で作品を造るようになり、後に、元永氏の誘いで具体の一員となったわけです。


(以上、展覧会図録より)

■“GUTAI and I” by ONODA Minoru
My first encounter with GUTAI was the exhibition of GUTAI ART at Sankei hall in Osaka. I had just become 20, and had left my hometown of Himeji to attend art school in Osaka.
I intended to be become a painter since junior high school. I started by studying the biography and letters by Van Gogh as well as other strictly academic subjects. Now I wonder I how I could have gone to Sankei Hall with such a classically trained mind. With great curiosity and interest I gazed at the works there, thinking more and more about their odd forms and possible creation. I was particularly inspired by the work of Mr. Sadamasa Motonaga, and I returned Himeji firmly holding the exhibition program in my hand. Even now I vividly remember it.
At that time, my study and environment were too different to connect them, so I did not put my works in group exhibition the following year. I threw away convention and I made works with a new way of thinking. And soon after, I become a member of GUTAI thanks to Mr. Motonaga.

(“Special Exhibition for Yoshiwara Jiro” and letter of GUTAI, Hyogo Prefectual Museum of Modern art, June 5-28th, 1979)
【2007/03/06 17:48】 | 主要参考文献 | page top↑
| ホーム |