1965年『マクロとミクロ』 赤根和生(美術評論家)
ダイワ俊英シリーズ

1965年8月22日~8月31日 ダイワ俊英シリーズ/第4回

『マクロとミクロ』 赤根和生(美術評論家) 
谷間から這い上がって丘陵を越え、なだらかな平原へ、そしてまたはるかな峡谷へと、「マル」の足跡はドラマチックな起伏にみちた地表を延々と侵しつづける。正確な歩幅と不変の速度を持って踏みしめられてゆくその丹念な歩みは、少しづつ、少しづつ体験の領域をおしひろげながら、統一された思考と行為の軌跡を、鮮やかなパースペクティブで描いてみせる。忍耐にみちたその無限の繰り返しのなかに人生の現実を見ることは余りに文学的すぎるかもしれないが、原色の交響にいろどられた快活な世界の内部には、あの冥界のシジフォスの永遠不断の作業にも似たトラジックな行為も累積を見ることができる。事実、これまでの小野田の画面には文学を匂わせる状況設定がありすぎたことは否定できない。しかし、その背後には、現実の矛盾相剋をエネルギーと化し、その不条理を不条理のまま直視することによって、普通のレアリティへと迫ろうとする意識が秘められていることを知らねばならない。創造行為におけるその確認がひとつひとつの画面を生みおとしていく。そこには行為と思考、絵画を生きること、この一致を指向する強い意志が働いている。絶え間ない無為の連続のなかにおけるシジフォスの「自由」を、小野田もまた求めて止まないのであろうか。その近作は明らかな変貌を示しはじめている。対極主義的なその視点は画面上の徒らな文学臭を払拭しながら、より高い次元へと飛翔し、余剰を排したより明晰な表現のなかにコスミックな内容を示しはじめている。かつて谷間から丘陵へと注がれたその眼は、ミクロとマクロの間の厖大な距離を一瞬のうちにかけめぐろうとしているかのようだ。

■ The 4th of DAIWA select series August of 22-31th, 1965
“Macro and Micro”Text by Mr. AKANE Kazuo,

It crawls up valleys and over hills, then goes through gentle prairies and to a faraway gorge. The path of MARU eternally continues to invade the dramatic, rough ground. With precise size, length, and speed, areas are carefully widened little by little, showing us the trace of unified thinking and action with colorful perspective drawing.
The eternal repetition may be too literal, but by looking deeper into the symphony of vivid color,we can see the accumulation of tragic action, like Sisyphus’s endless struggle. Indeed it is easy to just view Onoda’s canvas as it appears on the surface. But in the background, there is a hidden consciousness which is approaching normal reality by changing real contradiction and rivalry to energy and looking at absurdity as absurdity. That confirmation in creative action gives birth to each canvas. There is acting, thinking, and living in a painting.Onoda perhaps cannot stop asking for Sisyphus’s freedom through the constant and nonsensical continuation.
His new works seem to be different. They go beyond their literal appearance, jumping to a higher dimension and show us more cosmic contents.We can see as if our eyes can change view from Micro to Macro in a split second.

[Kazuo AKANE, art critic]
【2007/03/06 17:48】 | 主要参考文献 | page top↑
| ホーム |