-「マル」の行為者-『現代美術』6号 -赤根和生(美術評論家)
1965年現代美術表紙

特集『“The Man of Tomorrw”4 小野田 実 』


-「マル」の行為者- 赤根 和生(美術評論家)

「カラリとした原色の交響を放射してくるグラフィックな明快さと、ぬめぬめしたなま温かい生体的な触感とが奇妙に混和されたある種の実在感」(一九六四年個展カタログから・筆者)は小野田実の画面を一瞥したもののひとしく抱く印象であろうが、その「実在感」なるものは一体どこからくるのだろうか?
 図式と物象、遠近法的秩序の中に合理的統一を見せているこの対立する二要素、それが彼の内部でどのように衝突し相剋しながら絵画的現実にまで高められているかは大いに興味を唆られる問題である。
 その経路を実作の上に辿るためには、五年前、一九六〇年の作品まで遡らねばならない。その年の第一四回二紀展に出品されて奨励賞を獲得した作品は、ビニール・チューブの断片を単色の画面一杯に埋め込んだ熱っぽいマチエールのものであった。チューブの断面が示す円弧に、今日のような原色の円形単位の起源があるいは見てとれるとはいうものの、きわめて物質性の強い作品である。翌六一年の二紀展には、大小の円形単位が単純明快な求心的(あるいは遠心的)構図のなかに整然と配列された、近作の原形らしき作品を発表しているが、その年には全く対立的な二つの系列の作品が同時に制作されているのは興味深いことである。ひとつは物体の導入を拒否した単色の画面そのものが、蜂の巣のような、あるいは蛙の卵を思わせるぶつぶつの凹面に蔽われた極めて有機質の「物質」感を強調した作品、他は矩形や方形の板を貼り合わせ、組み合わせた直線的な構図のなかに規則的に黒い大小の円を配置した構成的、「図式」的なものである。
 四年前、同時に描かれたこの全く異質な二種類の作品のなかに、冒頭に述べた近作への印象が改めて確認されるわけだが、この二種類の作品に別別に示された極めて体質的な二つの画が、どちらも否定されることなくその翌年一九六二年の第16回二紀展出品作では、単一の画面の中に統一され、見事に開花しているのである。小野田の作品に見られる相反する二要素を、そのスタイルに則して仮にわたしは「図式」と「物象(内至は物質性)」と呼んだまでだが、彼の画面とそれを支えるイメージの形成要素を明確な二つのものに区別することはさして難しいことではない。曰く「静と動」「リズムとメロディ」「遠心性と求心性」「極大と極小」「巨視と微視」等々・・・・・それらの対立的二要素をそのまま画面にもちこみ、明快で緊迫した同時的関係のうちに混然と共存させながら、いわば虚妄のレアリティー、あるいは不条理のユニティを現出しているところに彼の作品のユニークさがあるといえよう。
 その原型が誕生した頃、彼は「繁殖絵画論」を唱え、「無数の同一にある秩序を与えることによって新しいイメージを獲得しようとした」わけだが、そのイメージを客体化するために選んだのが「私のマル」であった。その「マル」という記号の発想も前述のようにあるいはチューブという物質の選択に起因しているとも想像されるのだが、それはもはやどうでもいいことである。彼の「マル」は既に彼自身の世界観の象徴として論理づけられているのである。円(三次元的には球体)は最も安定した物体でありながら、最も否安定な形体である、どこへでも動いてゆける不安定さと同時に、どう動いても変わらないという最も矛盾を孕んだ形体である、と彼は考える。(それは丁度水のようなものだ、と彼はいう。水は液体にも気体にも固体にもなるが、水(H2O)という本質には変わりがないではないか、という考えなのだ)そして万有引力の支配下ではすべての物体は結局は円形(球体)に近づこうとする性質があるのではないかと、というセザンヌをはるかに超えたメタフィジックな「予感(直感)」が彼を益々「マル」にかり立てるのである。しかも、原理的なその円形信仰は、相互に矛盾する現実的要素を画面にもちこみ、その相克から生れるエネルギーを具体化したいという野望を根底から支えて、はりつめた行為の痕跡を鮮烈なイメージへと転化させているのである。 小野田の画面の背後で、そのレアリティーを支えているそうした人生における思考と行為を一致させようとする強靭な意思である。仮に
何れかが先行することがあっても窮極では必らず一致させてしまう。これまでの彼の作品が恣意的な変動を免れて、極めてロジカルな一貫した展開を見せたこともそのためである。四、五年前、つまり無数の同一の累積をイメージとして醸成させていた頃、姫路から神戸まで、一六時間もかかってぶっ通しに歩いた、などというエピソードも、造形上の思考を現実的な行為に置きかえた、ということになるわけである。現実を見据え、現実に根を下しながら、その矛盾と不条理をあやしげな形而上学や神秘主義の彼方に追い込むことなく、きびしい造形行為のなかにもちこんで、きわめてヒューマンな解決を試みようとする時、彼にとっては原理と実践、精神と肉体は全く分ちがたく結びついてしまうのである。「私のマル」はその不条理の哲学のシンボルであり、絵を描くことと生きることを一致させようとする彼にとって、それは、思考と行為の原点であり、意識と体験を結ぶ「自由」の証でもあるのだろう。
 明晰な意識にとって人生の現実は矛盾と不条理にみちたものである。あるいは全く虚妄の行為の連続であるかもしれない。その無意味に「耐えて」ゆくことが「生きる」ということの実態なのだろうか。小野田はその「生きる」行為、「描く」行為のなかで、人間はいかに「自由」であり得るかを考える。「自由」は絵を描くことのなかにあるのか?絵を描こうとしないことのなかにあるのか?去年のルナミ画廊選抜展のカタログのなかで、彼はこんな文章を書いている。「(前略)出来れば絵を思い切る勇気をもちたいと思う。ランボーの〈地獄の季節〉が文学への絶縁状になったように、いつかは絵画への絶縁状となる作品を作ることになるかもしれない。」その予感は果して適中するかどうか?それが自由を意味するか、あるいはまた死を?免も角、目下彼にとって生活は、丹念に「私のマル」を描き続けるという虚妄の作業に集中されている。カミュにおけるあのシジフォスが、丘上から転落する大岩をくり返し押しあげようという、永却に連続する無意味な行為のなかに体得したような喜悦、不条理の自覚に根ざした「自由」の意識を、あるいは小野田もまた追い求めているかもしれない。
 「私のマル」はここ四、五年間に凄まじい勢いで繁殖を遂げてきた。「繁殖といった有機的なものでなく、からっけつで、あっけらかんとしたメカニックなイメージなのである。この世界に〈否〉を叩きつけるためにも、機械を喰う貪欲さを持って〈無意味〉に耐えることが必要である。」(繁殖絵画論・一九六一)書いた当初のイメージとは異って、それらは多分に有機的密度と秩序をもち、無意味というようなスリリングな状況設定があり過ぎるようだ。しかし、最近の姫路アンデパンダン展出品作には明らかな展開を見せ始めた。
 ドラマチックな起伏にみちた地表を貪欲に舐めまわる行為のうちから、もっともっと原形質的なヴイジョンの鉱脈を嗅あてたようである。青白い観念のあぶくを吹き飛ばし、思考と行為の一致を主張して、毎朝四、五粁のマラソン、冷水摩擦を欠かさない彼、偶発的な宣言からあっさりと煙草を断ってしまった彼、小野田実氏の生活と意見は、完璧な一致を見せている。二十八才、まさしく「明日の人」である。

〈1965年6月『現代美術』6号より三彩社〉

■Feature article “The man of tomorrow” 4 ONODA Minoru, June, 1965
“Maru Actor” text by Akane Kazuo, art critic

“Graphic clearness reflecting a light vivid-color symphony and slimy, lukewarm living touch are strangely mixed and then become one existence” would be the impact on all people who have glanced at this scene of his painting, but where is that existence coming from? (exhibition catalog, 1964).
We are interested in the phenomena of how the opposing ‘facts’ of graph and material are united in the perspective drawing, crashing and conflicting inside him, inevitably raising to a higher painting quality. well though we can see the origin for circle unit like today in the arc of tube section , it shows very strong material aspect . In order to trace this process in his works, we have to look back to his 1960’s collections. The work which was shown at the 14th Niki exhibition was one made from feverish matiere (material) Vinyl tube pieces, fully filled monochrome frames.
In 1961, at Niki exhibition, both large and small units were simply and clearly arranged in centripetal and centrifugal composition, the origin of the forms from recent works. It’s interesting that two opposite type of works were made during the same time. One that refuses interruption of material, emphasizing organic material through small bents like honeycomb or frog’s eggs, and another graphic, with short shapes and square board constructed with small and large black circles arranged in a straight line composition.
As mentioned previously, in these completely different type of works we can confirm the influence in recent productions, but in the 16th Niki exhibition in 1962, two constitutional pieces which show the unity of these two separate types of work in a single screen, were successfully completed. I just temporarily called “graph” and “shape of thing (material)” to these ONODA's different facts as per his style, but it is not so difficult to distinguish (as accurate two different things) his screen (paintings) from constructing facts of helping them, what we call “still and move”, “rhythm and melody”, “centrifuge and centripetal”, “maximum and minimum”, “macro scope and microscope” and so on, these opposite two factors are brought to the screen as they are with coexistence harmoniously within clear and strain synchronous relationship, what we call, his works uniqueness exists that where false reality or irrational unity are appeared.
When he conceived that originality he advocated the painting’s “propagation” and attempted to obtain a new image by giving thousands of and identical order in order to make that image objective, what he chose was my Maru.
The Maru is the symbol of an idea from the selection of material tube, in imagination. However, it is meaningless. His Maru is already logical as symbol in his own world. His Maru is already logical as a symbol in his own world. The circle (sphere in the third dimension) is the only stable material, but it is also the most unstable shape. He thinks at the same time it has instability to move anywhere, as it never change how long and far it moves, these means the shape holds contradictory mostly, (He says it is just like water. That theory means water can become liquid, gas and solid, but that essence of water (H2O) does not change. And under controlling by universal gravitation, a whole material in this universe has the character approaching circle (sphere) in final. His metaphisic hunch which gets much over Cesane drives him to Maru more and more.
Besides, that principle circle belief brings real facts contradicting each other to frame and in basically supporting an ambition which wants to materializes the energy born from that conflict and change strain action trace to vivid image. In the back ground of ONODA screen, it is tough intention that tries to make his think and act agreed in such a life supporting that reality. Temporary, one of them goes ahead, but they are sure to be agreed at the final. That’s why his paintings up-today prevents arbitrary change and showed very logical consistent unfolding development. Four or five years ago, when he has produced the same countless cumulation as image, he kept walking from Himeji through Kobe with non stop. That episode means that he displaces realistic action from formative thinking. As he fixes reality and takes root in reality, when he does not drive that contradiction and absurd beyond to strange physical academy and mysticism, he bring into formative action and then tries to very humanely solve it, principle practice and spirit body are completely unsharable for him.
My Maru is symbol of that absurd philosophy. For him, who tries to make paintings and living accord, it is the origin of his thinking and acting and proof of “freedom” tie up consciousness and experience.
For clear consciousness, the life reality is full of contradiction and absurd. Or it may be series for quite fictional action. I wonder if to stay the non-sense is the actual state to live. ONODA thinks how much human can be free in the action of that living and of that painting.
”Freedom” exists in paintings? or exists in not paintings? He writes the sentences in the catalogue for Lumina Gallery select show last year. “If possible, I think I want to have the courage to give up the paintings. As Rimbaud's [A season in hell] has become letter of insulation against literature, I may get to make the work which is letter of insulation against paintings. That hunch will really hit or not? That means freedom or death? Anyway, now for him, the life is concentrated into virtual work to keep painting my Maru elaborately. As Sisyphus in Camus tries to lift up falling big rock from hill again and again, the joy that we can get in the non-sense action continues forever and freedom consciousness which takes root in absurd ONODA perhaps chases them.
“My Maru achieved propagation with awful momentum in a few years.
It is not organic thing of propagation but empty and indifferent thing like mechanic image. In order to fling “Nay” no into this world, we need to stand “nonsense” with a greed eating machine”, (painting of propagation 1961.) differently from the image at the beginning of writing this column, those perhaps have organic density and order and also seems to have too much thrilling situation setting as nonsense.
But in recent Himeji independent show works, it starts to show obvious development. While acting which greedily licks around dramatic rolling ground, he found out more and more plasma vision vein.
He blows off a bubble of pale idea and claims agreements about thinking and acting. Every morning he always runs 4 or 5 km and scrub own body with cold wet towel. He easily quit smoking by fortuitous declaration. The life and opinion of ONODA Minoru show complete agreement. His age is still 28. Certainly he is the person of “Tomorrow”.

Gendaibijutu (art magazine) published by Sansai-sha co., ltd., June issue, 1965


(関連資料)
ダイワ俊英シリーズ

1965年8月22日~8月31日 ダイワ俊英シリーズ/第4回

[マクロとミクロ]   赤根和生(美術評論家)
 
谷間から這い上がって丘陵を越え、なだらかな平原へ、そしてまたはるかな峡谷へと、「マル」の足跡はドラマチックな起伏にみちた地表を延々と侵しつづける。正確な歩幅と不変の速度を持って踏みしめられてゆくその丹念な歩みは、少しづつ、少しづつ体験の領域をおしひろげながら、統一された思考と行為の軌跡を、鮮やかなパースペクティブで描いてみせる。忍耐にみちたその無限の繰り返しのなかに人生の現実を見ることは余りに文学的すぎるかもしれないが、原色の交響にいろどられた快活な世界の内部には、あの冥界のシジフォスの永遠不断の作業にも似たトラジックな行為も累積を見ることができる。事実、これまでの小野田の画面には文学を匂わせる状況設定がありすぎたことは否定できない。しかし、その背後には、現実の矛盾相剋をエネルギーと化し、その不条理を不条理のまま直視することによって、普通のレアリティへと迫ろうとする意識が秘められていることを知らねばならない。創造行為におけるその確認がひとつひとつの画面を生みおとしていく。そこには行為と思考、絵画を生きること、この一致を指向する強い意志が働いている。絶え間ない無為の連続のなかにおけるシジフォスの「自由」を、小野田もまた求めて止まないのであろうか。その近作は明らかな変貌を示しはじめている。対極主義的なその視点は画面上の徒らな文学臭を払拭しながら、より高い次元へと飛翔し、余剰を排したより明晰な表現のなかにコスミックな内容を示しはじめている。かつて谷間から丘陵へと注がれたその眼は、ミクロとマクロの間の厖大な距離を一瞬のうちにかけめぐろうとしているかのようだ。

■ The 4th of DAIWA select series August of 22-31th, 1965
“Macro and Micro”Text by Mr. AKANE Kazuo,

It crawls up valleys and over hills, then goes through gentle prairies and to a faraway gorge. The path of MARU eternally continues to invade the dramatic, rough ground. With precise size, length, and speed, areas are carefully widened little by little, showing us the trace of unified thinking and action with colorful perspective drawing.
The eternal repetition may be too literal, but by looking deeper into the symphony of vivid color,we can see the accumulation of tragic action, like Sisyphus’s endless struggle. Indeed it is easy to just view Onoda’s canvas as it appears on the surface. But in the background, there is a hidden consciousness which is approaching normal reality by changing real contradiction and rivalry to energy and looking at absurdity as absurdity. That confirmation in creative action gives birth to each canvas. There is acting, thinking, and living in a painting.Onoda perhaps cannot stop asking for Sisyphus’s freedom through the constant and nonsensical continuation.
His new works seem to be different. They go beyond their literal appearance, jumping to a higher dimension and show us more cosmic contents.We can see as if our eyes can change view from Micro to Macro in a split second.

[Kazuo AKANE, art critic]


【2007/03/06 18:10】 | 主要参考文献 | page top↑
| ホーム |