1966年 『美術ジャーナル』-小野田實
美術ジャーナル表紙

「(一)、(二)無数に同一の何か(物体でも記号でもよい)が、メカニックに増殖していく、その膨大な累積の空しさ、無意味さにある戦慄を感じ、あらゆる空間を同一の単位で埋めつくしたい、からっけつであっけらかんとした欲望が発想の母胎となり、契機となっていますが、あらゆる二つの対立要素、例えば「遠心性と求心性」「集合と離散」「マクロとミクロ」「斥力と引力」「陰と陽」「非と喜」「静と動」等々、二つの対立した矛盾の世界が考え方の基礎にあり、矛盾そのものの世界が作品の要素にもなっています。
 そして、対立したそのどちらの極でもない、中間の地帯に私の立場があり、それはまた私の客観性でもあります。
 どっちつかずの曖昧で、ちゅうぶらりん居心地の悪い地帯ではありますが、そこらへんに私の「自由」の問題があると考え、このニュートラルな位置に身を置くことが創造にもつながっていくと考えています。
 作品は、私の「生」のデータでもあります。リンゴがリンゴ以外のものでないように、私の作品は私の作品以外のものでない、ひとつの存在しているものであること。
 何かに対する反逆でもなく、古さに対する新しさでもなく、古くも新しくもないもの。何かを否定したものでなく、イデオロギーでもなく、何かを意味するものでもなく、作品それそのものであること。そのため作品を通じてコミュニケイトしたいものは、作品以外にありません。作品が作られた瞬間にコミュニケイトは終わっていると考えます。」
小野田實

(1966年 美術ジャーナル 57号 4月 美術ジャーナル社)

■“1, 2...countless same something, body or symbol, mechanically propagates.”
I feel a shudder to the emptiness and non-sense of that jammed with the same units. Vacant and indifferent desire becomes the body of idea and opportunity.
However, any two opposite factors, for example, “centrifugal and centripetal”, “gather and scatter”, “Macro and Micro”, “attractive force and repel force”, “Yin and Yang”(positive and negative), “grief and joy”, “stillness and movement,” etc, are part of this world of contradiction that exists in our way of thinking and the world of contradiction itself is the factor of my work.
My position is in the middle area which is not either pole and it is also my objectification.
It is a vague, uncomfortable area, but I think there is freedom and to lay myself on such a neutral position helps connect to creation. Works are my “raw” data. As an apple is nothing but an apple, my work is nothing but my work, it is one existing thing. It is not rebellion against something, not new against old, and it's not old as well as new. It is not denying something, not ideology, does not mean anything. It is the work as it is.
What I want to communicate through my work is nothing but my work. In my mind, at the moment when my work is completed, communication has ended.

(Art Journal No.57, April issue, published by Bijutsu Journal co., ltd. 1966)


【2007/03/06 18:12】 | 主要参考文献 | page top↑
| ホーム |