1974年 朝日ジャーナル 3月1日号「表紙のことば」 朝日新聞社-小野田實
1974年 朝日ジャーナル 3月1日号 朝日新聞社
「表紙作品」と「表紙のことば」に掲載

1974年3月朝日ジャーナル


現代美術のなかにあって、平面という創造空間は、もはや古典的で、限定された最小の単位にしかすぎない。さらに円形というパターンは最もシンプルで普遍的な、想像力や偶然の介入が困難な形態である。そして、文学的あるいは、観念的な要素や意味づけを画面から一切排除し、純粋に色とパターンの世界、いわば手足をとらえたダルマのようなところから、いかにアートの可能性をひき出すことが出来るかが、私の今日の課題であり、ひらきなおりであるとも考えています。
小野田實

(1974年 朝日ジャーナル 3月1日号 朝日新聞社「表紙のことば Works73-9r」1974年3月1日号より)

朝日ジャーナル記事


■“In modern art, the plane surface of creative space is only classic and no more than a limited minimum unit. Furthermore, the circle is the simplest, most universal and difficult figure for imagination and casualty to interpret. And in excluding all literary, notional factor or meaning from the canvas, simply color and pattern world remain - like Dharma with no arms and legs. How I can pull out the possibility of art from something like Dharma is my subject and challenge today, I think.”

(Asahi Journal, 1st of March, 1974, “The Word Of Cover Works 73-9r” published by Asahi news paper)
【2007/03/06 19:43】 | 主要参考文献 | page top↑
| ホーム |