1988年「芸術凧 ART KITES 」図録より(大阪ドイツ文化センター)
アートカイト図録表紙

小野田實は「マルの行為者」と呼ばれ、自らもそのマルを「私のマル」と呼んでいる。尽きることを知らない忍耐力と根気で、彼は何千万、何億という数のマルを描き続け、そこから独自の絵画世界を創り出してきた。彼の絵は極微の単位から出発して、空想やたゆまぬ努力、規律によって、宇宙的次元へ発展させている。彼の絵が有機物の生命に似ているのは、絶えることのない繁殖の原理が支配しているからである。彼の絵はマル自身から生まれ、上下左右の区別なく、あらゆる方向に増殖し続ける。絵の縁を越えてもまだ勢いよく成長を続け、永久に増え続ける。画家自身はそのマルを生命のパラフレーズ、そして同時にオートメーション工場における大量生産のパラフレーズと理解している。
 60年代、具体グループに参加していた頃、小野田はこのマルの世界を、レリーフ状の盛り上がった板の上に表現していた。今回の凧の表面も一見、波うっているように見えるが、それは下地に描かれた曲線や、精妙にグラデーションのつけられた地塗りによってその効果がでているのである。
 神秘的な規則に従って並べられたこれらのマルは、ときには幾何学的なモチーフになり、ときには花のモチーフになる。このマクロ構造の魔力は、鮮烈な、自らの内から輝き出る力にある。絵の全体像はミクロ的な断面図や花、サンゴなどを彷彿とさせる。構成的にバランスのとれているこれらのマルは、静寂と調和を求めている。
 それでもこの絵には、一抹の悲劇性が漂っている。測りしれない分子の集積と果てしない繁殖は、人の行為の無力さとむなしさを思い起させる。この作品において我々人間に対峙しているのは、画家の姿をしたシジフォスである。


1988年「芸術凧 ART KITES・KUNSTDRACHEN 」図録より(大阪ドイツ文化センター発行)

■Art kites, 1988, text from book “Art kites, Kunstdrachen, 1988,
 published by Osaka German Culture Center

ONODA Minoru is known as the Maru (Japanese for ‘circle’) actor. He himself calls it My Maru.
Through his inexhaustible endurance and patience he has created his own art world, drawing millions, maybe even billions, of Maru. His art starts from a minimal unit, developing into a universal plane through imagination, consistent effort and rule.
His art resembles organic life due to a constant control of propagation principles.
. His art is born within Maru itself, without a difference of up and down, left or right, propagating in any direction.
Even if it passes over the picture’s frame, it is still spreading, and keeps growing forever.
The painter himself understands that Maru is an interpretation of life, and simultaneously a paraphrase of mass production in an automation factory.
In the 1960’s, after joining the GUTAI group, he expressed this Maru world on a swelled board. On this kite surface, it is appears wavy, but the appearance is effected by the painted curve on the base, and the refined gradual foundation.
These Maru arranged in their mysterious order occasionally represents a geometric motif and sometimes a flower motif. The magic of this macro system exists in the brilliant power inside of itself.
The whole image reminds us of a thin slice, like a flower or coral. These Maru’s constituency requires silence and harmony.
However, this picture makes me feel a touch of tragedy. Immeasurable molecules gathering and endlessly regenerating and growing, reminds us of the powerlessness and emptiness of human action. It is as if Sisyphus has manifested in the form of a painter.


【2007/03/06 19:49】 | 主要参考文献 | page top↑
| ホーム |