スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Gutai: Splendid Playground /グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)・他
☆2013年2月15日~5月8日までニューヨーク・グッゲンハイム美術館「Gutai: Splendid Playground 」開催。
小野田實も6点出品します。

ONODA Minoru, Work 66-14, 1966
ONODA Minoru, Work 66-14, 1966.
Synthetic paint on wood panel, 94 × 94 × 8 cm.
Collection of Caroline de Westenholz.
© Onoda Isa, courtesy Caroline de Westenholz,
photo by Dave Morgan

グッゲンハイム美術館のホームページはコチラ

企画:グッゲンハイム美術館 主任学芸員/アレクサンドラ・モンロー
   カールトン大学准教授、グッゲンハイム美術館「具体」展共同キュレイター/ミン・ティアンポ

Solomon R. Guggenheim Museum
1071 Fifth Avenue
(at 89th Street)
New York, NY 10128-0173

February–May 2013
In February 2013, the Guggenheim Museum will open the first U.S. museum retrospective exhibition ever devoted to Gutai, the most influential artists collective and artistic movement in postwar Japan and among the most important international avant-garde movements of the 1950s and ‘60s. The exhibition aims to demonstrate Gutai’s extraordinary range of bold and innovative creativity; to examine its aesthetic strategies in the cultural, social and political context of postwar Japan and the West; and to further establish Gutai in an expanded, transnational history and critical discourse of modern art.

Organized thematically and chronologically to explore Gutai’s unique approach to materials, process and performativity, Gutai: Splendid Playground explores the group’s radical experimentation across a range of media and styles, and demonstrates how individual artists pushed the limits of what art could be or mean in a post-atomic age. The range includes painting (gestural abstraction and post-constructivist abstraction), conceptual art, experimental performance and film, indoor and outdoor installation art, sound art, mail art, interactive or “playful” art, light art and kinetic art. The Guggenheim show comprises some 120 objects by 25 artists on loan from major museum and private collections in Japan, the U.S. and Europe, and features both iconic Gutai and lesser-known works to present a rich survey reflecting new scholarship, especially on so-called “late Gutai” works dating from 1965-1972. Gutai: Splendid Playground is organized by Ming Tiampo, Associate Professor of Art History at Carleton University and Alexandra Munroe, Senior Curator, Asian Art, at Guggenheim Museum.


「GUTAI×INTERNATIONAL 具体、海を渡る。」 展
/芦屋市立美術博物館

第1展示室、第2展示室、ホール
☆2014年7月5日-9月7日まで小野田實の作品を展示しております。
 ぜひご覧ください。
☆料金/一般300円、大高生200円、中学生以下無料
☆午前10時~午後5時

辺見庸 新詩集「眼の海」の装画
☆小野田實の作品が2011年12月1日発売の辺見庸さんの「眼の海」-毎日新聞社-の装画として使用されます。
書店などお立ち寄りの際はぜひご覧ください。
http://onodart.blog94.fc2.com/blog-entry-32.html

「2012年度 コレクション展Ⅲ・こんな人がいた!兵庫美術家列伝」
/兵庫県立美術館(展示室1~3)

☆2012年11月17日~2013年2月24日まで小野田實の作品WORK68-Wa・b(組作品)を展示しております。
 ぜひご覧ください。
☆料金/一般500円・大学生400円・高校生、65歳以上250円
☆月曜日休館。午前10時~午後6時
 特別展開催中の金・土曜日は夜間開館(午後8時まで)

コレクション展Ⅲ・こんな人がいた!兵庫美術家列伝
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/j_1211/config.html#config01



「The Collection 具体躍進」展
/芦屋市立美術博物館

☆2013年1月5日~2013年2月17日まで小野田實の作品を展示しております。
 ぜひご覧ください。
☆料金/一般300円、大高生200円、中学生以下無料
☆午前10時~午後5時

芦屋市立美術博物館のホームページ
http://ashiya-museum.jp/


「2012年度 日本・海外の近代美術コレクション」
/宮城県美術館(展示室1)

☆2012年10月2日~2012年12月24日まで小野田實の作品4点を展示しております。
 ぜひご覧ください。
☆料金/一般300円・大学生150円・小中高無料
☆午前9時半~午後5時

「2012年度 日本・海外の近代美術コレクション」
http://www.pref.miyagi.jp/bijyutu/mmoa/ja/frame/exhibition/00000000-p00.html


「こんな素材でアート作品」/姫路市立美術館(コレクションギャラリー)
☆2015年6月30日~8月9日まで小野田實の作品を展示しております。ぜひご覧ください。
☆姫路市立美術館のデジタルミュージアムの壁紙ダウンロードコーナーから
小野田實の作品画像「WORK66-R11」がダウンロードできます。
http://www.city.himeji.lg.jp/art/

【2007/03/04 14:04】 | 最新情報-Topics | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。