1988年 『グランクール』 小野田實
5年ほど前から続く新しいスタイルの作品群の近作。合板を重ねた立体感に、ここでも『マル』い穴があけられている。「かつてのシステムから核になる要素だけを抽出したシンプルな造形。しかし、穴へ入る光線の違いで無限に表情は変化していきます。」
小野田實
1988年『グランクール』 タウン編集室 
work88-VI-2


■“This work is a work from five years ago, made with a new style. Pieces of plywood are stacked in a 3D space, and a Maru (circle) hole is bored.
Sometimes it seems quite simple, with the extraction of the core being the only changing factor.
But, the movement of the ray of light which enters the hole makes the expression infinitely change.”

(From Interview for “Grand Court” booklet edited by Town Himeji)
【2007/03/05 22:52】 | 作品解説-Description | page top↑
| ホーム |